のぼうの城

読書感想文。

『のぼうの城』 和田竜・著 小学館

「小学館」を、「しょうがくかん」って打っても一発変換しないのに
「しょうがっかん」って打ったら変換するんです。何でよMS-IME。

閑話休題。

時は戦国時代。秀吉の下で武勲をたてたいと願う石田三成。
彼が子供の様に憧れるのは、秀吉が得意とした城の水攻め。
しかしその機会もなく悶々と過ごす彼に、忍城攻めの下知が
下される。その城の領主一門にして総大将たる成田長親は、
領民から「でくのぼう」を略して「のぼう様」などと呼ばれる人物だった。

というのが梗概。
歴史小説というと、当たり前のことですが、もう揺るがない
結末があるわけですよね。メタ的なものとか、新史実発掘といった
ものでない限りは。
そしてこの小説も、史実にのっとって、あるひとつの事件を
描いたものです。
結末が読めないという妙味が封じられているなら、「読ませる」のは
その結末への道筋となるわけで、その点に関していえば、
この小説はかなりのすぐれものだと思います。

また、武将から農民まで、登場人物がなんとも活き活きしているのが
良い。「でくのぼう」を略して「のぼう」って、そんな自由(フリーダム)な。
でもその自由(フリーダム)を許してしまう長親のキャラクターと、
それくらいの度胸と奔放さを持っている領民たち。
「勝った」「負けた」とは別次元の爽快さと、しかしどうしても時代の力には
抗いきれない切なさが漂う作品です。

どうでもいいですけど、「フリーダム」が絶対一度では打てないんですよ。
「ふぃぢーだむ」とか打ってしまう。何故だ。



京都美山高校公式サイトはこちら

忍びの国

本日も、最近読んだお奨めの本の話です。

『忍びの国』 和田 竜・作 新潮社

タイトル通り、忍者のはなし。
時は戦国時代、舞台は伊賀国。忍びたちの国に、時の権力者
織田信長の子息が率いる織田軍が攻め込んでくるのだが。

というのが大筋ですが、この忍者たちがただものではない。
もちろん忍者なので、凡々たる人ではないのですが、そういう
意味ではありません。
かれらは、作品中では人情だとか思いやりだとか、
そういったものを欠いた存在として描かれています。
だからと言って、単なる「非情の者」とも少し異なって表現
されているところが興味深いです。
その曲者っぷりは、織田方でも同じで、作品中には
くせものと曲者のつばぜり合いがみなぎっています。
パワフル。

余談ですが、私は本作を読んで、初めて石川五右衛門が
戦国時代の人物だと知りました。
なぜか江戸時代の人だと思っていました。
森の石松あたりと混同していたのでしょう。




ブロードアレイ・ミュージアム

先日読んだ本の話です。

『ブロードアレイ・ミュージアム』 小路 幸也・作 文藝春秋社

最近好きでよく読む作家さんです。
特定の時代という意味ではなく、「古き良き時代」を書くのが
得意な作家さんだと思います。

今回の作品の舞台はサッチモなんかが現役で活躍しているような
禁酒法下のアメリカ・ブロードウェイ。その裏路地にある
博物館のお話です。

一癖も二癖もある博物館のキュレーターたちが、彼らにとって大切な
存在であり、物に触れるだけで未来の悲劇を読み取ってしまう
という力をもつ少女・フェイのために、彼女の見た「未来の悲劇」を
回避しようと活躍する物語。
そして話は一筋縄ではいかず、あれこれと伏線がはられ、ラストには
意外な事実が明らかになります。

なんとも爽快で豪快で、そのレトロ感が少し物悲しい気もする、
お奨めの本です。





リンク
カテゴリ
最新記事
プロフィール

京都 大阪 通信制高校、京都美山高校|ブログ21

Author:京都 大阪 通信制高校、京都美山高校|ブログ21
大阪・京都からも通える通信制高校といえば京都美山高等学校。システム部のブログです。京都美山高校は2014年に新校舎が完成しました。通学コースもあります。スクーリングは年5回程度。あんしん修学支援制度対象校。【京都の通信制高校】といえば京都美山高等学校!転校,転入学は随時受付中

月別アーカイブ
京都美山高等学校 教員ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示